So-net無料ブログ作成

蕪とブロッコリーのサラダ [Recipes, Winter 冬レシピ]

MB Kabu Broccoli Kibi dressing best.jpg

旬の冬野菜、カブとブロッコーリーで 作る サラダです。

ドレッシングには 雑穀のキビを入れます。

こうすると、白色、黄色、緑色の色合いがきれいですし、栄養価もぐっと上がります。

いつの頃からか、寒い冬でも、生野菜でサラダを作って食べるのが 当たり前になってしまいました。

それも、旬野菜の生野菜ならまだいいのですが、サラダといえば、いつになっても、きゅうりにトマトなどの夏野菜を盛り付けているのを よくみかけます。

アメリカから ローフードなるものが 入ってきたものだから、野菜も 生で食べるのに拍車がかかっているようです。

冷え性の人が増えていますが、冬に 日常的に、夏野菜を食べたり、熱帯地方の果物を食べたり、コーヒーを飲んでいたら、 冷え性になって当たり前だと 思います。

そして、そんな食物が入ってくると、体はバランスを崩し、そのバランスをとるために、臓器や血液に大きな負担を強いることになります。

その土地で取れた旬の野菜、それが私たちの体に 一番適しているのではないでしょうか。

自然は、暑い夏には、体のほてりを沈めてくれる陰性な野菜を、寒い冬には、体を中から温めてくれる陽性な野菜を 無理なく成長させてくれます。  

そんな野菜は、私たちの体にも 無理なく、溶け込んでくれるのだと思います。

というわけで、この カブとブロッコリーのサラダ、冬のサラダとして お勧めです。

レシピは こちらから~。

 

 

材料

ブロッコリー   4つぼみ       カブ  1個

塩         少々

《ドレッシングソース》

もちキビ     小さじ1        塩   小さじ1/4

米酢       大さじ1        なたね油 大さじ1

 

作り方

  1. ブロッコーリーと、カブは、食べやすい大きさに切っておく。
  2. 鍋にたっぷりのお湯を沸かし、塩を少し加え、野菜を 茹でる。
  3. 好みの固さになったら ざるに取り出す。  この茹で汁が熱いうちに、もちキビを加え、15分ほど茹でる。
  4. ボールに米酢、なたね油、塩小さじ1/4を入れて よく混ぜ合わせ、そこに 茹でた もちキビを加える。
  5. できあがったドレッシングソースを ブロッコーリーとカブに かけて いただく。

ポイント

  • カブの葉が付いている場合は、その葉も ブロッコーリーの茎の部分がある場合は、 食べやすい大きさに切ってから、茹でて 加えます。
  • ドレッシングソースは、2~3倍の量を作った方が、作りやすいです。
  • できれば、塩は、自然海塩を、米酢は、時間をかけてゆっくり発酵させた静置法で作られたものを、なたね油は、質のいい一番絞りのものを 使ってください。  質のいい調味料で作った ドレッシングソースは、味も格別です。

HAPPY COOKING !  

にほんブログ村 料理ブログ マクロビオティックへ

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Facebook コメント

トラックバック 0