So-net無料ブログ作成
検索選択

ふきのとう味噌 [野菜穀物レシピ 春]

 Fukimiso best.jpg

見つけた時に、春の訪れを知り 心躍るもの、

そして それを手にした時に、思わず愛おしくなるもの、

それは、なんでしょう、、、。

それは、今年は 1月のお野菜ボックスに 3粒だけ ちょこんと 一番上に置かれていました。

自然農法を営む 沼津の高橋さん から 送られてきたものです。

「わ~っ、まだこんなに寒いのに 春が待ちきれずに顔を出したんだ!」と ちょっとドキドキした瞬間でした。

それから数日後、近所で 無農薬野菜を作っている宮寺さん が、見つけたからと、一粒だけ わざわざ 家まで持って来て下さいました。  

まるで、生まれたばかりの赤ちゃんのようでした。

自然を身近に感じながら生活している人だったら、それが何か すぐおわかりだと思います。

ふきのとうです。

CIMG6610.JPG

これからの季節には もっとたくさん生まれてきますから、手に入りやすくなりますね。

ふうきのとうで 私がよく作るもの それは、ふきのとう味噌です。

きょうは、そのレシピを ご紹介しま~す。

ご飯と一緒に食べるだけではなくて、いろんな料理に活用できる 春ならではの、おいしくて便利な常備菜です。

材料

ふきのとう  100g     味噌  70g

みりん    大さじ1    米飴  大さじ1

ごま油    大さじ1

作り方

  1. 味噌、みりん、米飴を 混ぜあわせておく。
  2. 切ったふきのとうを すぐ炒められるように 鍋とごま油を 準備しておく。
  3. ふきのとうは、黒ずんでいる部分があれば 切りとってから、みじん切りにする。
  4. すぐに ごま油で 5分ほど炒める。 (火が回ったら 弱火にします。)
  5. 合わせておいた調味料を加え、練るようにして さらに炒める。 (焦げそうになったら、少し水を加えてもいいです。)
  6. なめらかに 一様になったら できあがり。

ポイント

  • ふきのとうをお湯で湯がいて アクを取る方法もあるようですが、この方法だと ふきのとうの持ち味が減ってしまうので、私は すぐ炒めます。  炒める段階で アクは飛んでいきますから、この工程は 大事にしてくださいね。
  • 味噌は、米味噌、豆味噌、麦みそ、白みそ、どれを使ってもいいです。 私は 毎回違う味噌を使って、違いを楽しみます。
  • 米飴がない場合は 省略してもいいですし、甘みが欲しければ、ちょっとだけ、甜菜糖を加えてみて下さい。

私は、このふきのとう味噌、手作りパンと一緒に食べるのが 好きです。

Miso & Nuts cheese Focaccia best2.jpg

これは、北海道の春ゆたかという小麦粉で作った フォッカチア風パンに オリーブオイルと一緒に塗って焼いたものです!  夢心地のおいしさです!!

MB Hiyokomame Fukimiso open sando (1).jpg
 

これは 茹でたヒヨコ豆と和えて、全粒粉入りパンをトーストして その上に のせたものです。

(ヒヨコ豆ではなくて、大豆で作ってもおいしいので、大豆で作ることの方が多いです。)

これも、たまらなくおいしいです!!  それに 見た目もおしゃれですよね。

パンだけではなくて、スパゲッティと和えても おいしいし、おにぎりに塗って、焼きおにぎりにするのも お勧めです!

焼きうどんにしても おいしいかもしれませんね。

HAPPY COOKING !

にほんブログ村 料理ブログ マクロビオティックへ

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Facebook コメント

トラックバック 0